独自の品揃えのために

私は25年間婦人服の専門店を経営し、販売の現場に立ってきました。
まだ、婦人服をあつかうようになって間もない頃のことです。
ファッション業界の大先輩から次のようなアドバイスをいだだきました。

「見るものすべてに好きか嫌いをつけなさい」

当時まだ20代だった私は、それがどういうことに役立つのか、本当の意味を分からずにいました。

それから後、店を経営していく中で、他の店との差別化という目標を求めていくと、「好き」と「嫌い」の区別の意味が重く迫ってきました。

なぜなら、店を他店と差別化することは、オリジナリティーを表現することであり、それは自分を表現することだということに気が付いたからです。

例えば、幼い子供におもちゃを与えるときを想像してみてください。
赤ちゃんのころは、何に興味を示すかわからず、ぬいぐるみを与えたり、おもちゃのピアノを与えてみたり、また絵本を読んで聞かせたり、手当たり次第に喜びそうなものを子供の周りに配置することでしょう。
しかし、数年もすると子供の興味の有る無しがはっきり出てきて、小学校も高学年になるころには彼ら、彼女たちは自分らしい子供部屋を持ち始めることでしょう。

これは商売といえども同じ原理で、興味のないものをコレクションすることはできないのです。興味のあるものにかかわり、その細かな違いを独自の視点で区別するからこそ、わかりやすく整理された他のどの店にも似ていない品揃えのお店が出来上がると思うのです。

私の場合、小売りの立場のときは、「好き」と「嫌い」の判断までで間に合っており、その根拠までは思い至りませんでした。
しかし、メーカーになり、商品を企画し、デザインをする立場に立ってみると、これまでよりさらに踏み込んで考えることが多くなりました。

ある取引先のお店にお邪魔して、素敵な商品に出会ったとします。
そのとき、何故魅かれたのかを考え、掘り下げることにしています。

服について「好き」か「嫌い」を判断するときの要素は、5つあります。

  • シルエット・詳細
  • 素材
  • 用途・機能・。アイテム
  • 色・柄
  • 雰囲気・ムード

上の5つの要素のうち何に魅かれたのかをはっきりさせると、そのものの良いところ=「キモ」が見えてきます。「キモ」が見えてくると、次のモノづくりや仕入れのときに「キモ」を活用し、応用した自分基準の品揃えの助けになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です